Explore all of ul.com

米国外においては一般的に、レーザー製品からのレーザー放射の潜在的危険を評価するためにIEC 60825規格シリーズが使用されます。このシリーズには以下のレーザー製品安全規格が含まれます。

IEC 60825-1: “Safety of laser products – Part 1: Equipment classification and requirements”
全てのレーザー製品に対して基本になるレーザー製品安全規格

IEC 60825-2: “Safety of laser products – Part 2: Safety of optical fibre communication systems (OFCS)”
光ファイバー通信システムに対する追加要求事項

IEC 60825-12: “Safety of laser products – Part 12: safety of free space optical communications system used for transmission of information”
屋上間の情報伝送のために設置される自由空間光通信システムに対する追加要求事項

 

レーザー製品をIEC 60825-1規格に対して評価する主なステップ:

  1. ユーザー、メンテナンス、サービスマンに対して被ばくの可能性がある放射のレーザークラスを決定する(通常、IECで規定された試験方法に基づいてレーザーパワーやエネルギーの測定を行うことにより実施します)。
  2. 製品が、存在するレーザークラスに応じて要求される、適切なラベル、構造的特徴(インターロック、キー制御、ビーム減衰器、レーザー点灯表示など)、ユーザーマニュアル記述などを備えていることを確認する。
  3. どのように製品が要求事項に適合しているかを示す適切なIEC 60825-1試験レポートを作成する。

レーザー製品の製造者は、製品がレーザー製品の安全要求を満たしていることを示すため、あるいは、第三者安全認証マークへの依頼をサポートするための包括的な技術ファイルの一部として、IEC 60825-1試験レポートを活用できます。

 

IEC 60825-1要求とIEC認証:

IEC認証(レーザーの危険だけでなく全ての潜在的危険に対する評価)のために製品がULに提出される時、その認証プロセスにおいてレーザー安全面に対しては一般的にIEC 60825-1のレーザー安全要求を使用します。

 

IEC 60825-1評価プロセスにおいてULが提供するサービス:

ULは上述のIEC 60825-1評価プロセスの各ステップについてレーザー製品の製造者のためにサービスを提供します。このサービスは、他のレーザー以外の安全要求も扱う包括的なIEC認証に対する評価を同時に行わない場合も提供することができます。IEC 60825-1評価プロセスに関係する主なサービスは以下の通りです。

  • 製品の予備評価。これによりIEC 60825-1におけるラベル、ユーザーマニュアル記述、構造要求について理解していただくことができます。このサービスは実際の製品だけでなく、将来計画中の製品に対しても提供可能です。
  • レーザー試験のみを実施。このサービスには、詳細なクラス分類計算とともにレーザークラス判定結果を含めることも可能です。
  • レーザー試験、レーザークラス判定、製品の構造確認の結果をレターレポートで提供。
  • 上述のサービスと共にIECの公式Test Report Form (TRF)によるIEC 60825-1試験レポートを提供。ご要望に応じて、CB証明書付きのCB試験レポートとして、または、証明書無しの試験レポート (Informative Test Report) として発行可能です。

ULはこれらのサービスを製造者に提供することにより、IEC 60825-1レーザー安全要求への製品適合を支援します。また、製品の総合的なIEC認証に向けてのレーザー安全要求への対応を支援します。

【お知らせ】2019年4月25日、26日に横浜ランドマークタワーにてレーザー安全に関する無料相談会を開催いたします。詳細はこちら