Explore all of ul.com

【お知らせ】2019年4月25日、26日に横浜ランドマークタワーにてレーザー安全に関する無料相談会を開催いたします。詳細はこちら

 

現代社会では、コンシューマー製品から医療、ツール、ラボ機器等に至るまで、どのような製品にもレーザーやLEDが使用されています。ULの光放射安全評価サービスは、簡単な光放射測定結果からIEC CBテストレポートやCB証明書まで、それぞれのメーカーに特有のニーズに応じた試験/評価データを提供します。

レーザー/LED検証

私達は光放射安全評価サービスを通して世界市場への迅速かつ効率的な製品投入を可能にします。ULは要求事項に対する評価を実施する光放射安全試験所を世界各地に有しており、適切な放射安全規格への適合性の確認と文書化をサポートしています。

ULの光放射サービスは、それぞれのメーカーに特有のニーズに応じた試験/評価データを提供します。

レーザー放射

レーザーは製品に多くの科学技術の恩恵をもたらす一方、安全に対する懸念を生じさせることもあります(レーザー放射は特定の条件下において目や皮膚に危険を引き起こします)。二つのレーザー製品安全規格(米国におけるFDA/CDRH 21 CFR、米国外におけるIEC 60825-1)の主要な目的は、操作や保守を行うユーザーおよびサービスマンを保護する為に製品が適切な保護手段を持っていることを確認することです。

ULのレーザー試験所は、米国FDA/CDRHおよびIECのレーザー安全規格を満たすために、製品をレーザー安全要件に基づいて試験して、必要となるレポートを提供することができます。

 

LED放射

LEDの使用が増え、高性能化が進むに従い、光生物学的安全性に関する懸念も増加しています。AIEC 62471規格シリーズやANSI RP-27規格はLEDを原因とする光生物学的な危険性に関する規格です。ULは、それらの規格に定義されている製品リスクグループの分類決定に必要な試験、評価を実施することができます。

ULの光放射試験所は、バーコード画像処理で使われるLEDからセキュリティカメラまで、あらゆるタイプのLEDベース製品を評価することができます。ULのレポートが、LEDの放射安全要求事項への適合と文書化をメーカーにもたらします。

UV放射

広帯域の紫外(UV)放射はその目的に応じてLEDやランプから放射されます。UV放射は通常目に見えませんが被曝した人の目や皮膚に光生物学的安全性に関する懸念を引き起こす場合があります。

UV放射の危険性を扱う安全規格には、ANSI RP-27シリーズ、米国産業衛生専門家会議(American Conference of Governmental Industrial Hygienists:ACGIH)の職場環境衛生に対する許容濃度(Threshold Limit)値や、IEC 62471規格シリーズ等があります。

ULの光放射安全試験所はこれらの規格 / 基準に準じてUV放射を評価することができます。結果はレポートの形で提出し、市場への迅速な出荷を後押します。

 

お問い合わせはこちら