Explore all of ul.com

Zigbee(ジグビー)はIoT(モノのインターネット)製品用の無線規格で、1億以上のデバイスに搭載されています。この低電力のIEEEベースのIEEE 802.15.4無線技術はZigbeeAlliance(ジグビーアライアンス)によって開発されたもので、サーモスタット、照明器具、動作検知器などのスマートホーム機器を対象としています。IoTの拡大に伴って、Zigbeeを使用しているスマートデバイスの相互接続性は、この規格に基づいて試験することが必要となっています

Zigbee認証の重要性

Zigbee認証プログラムは、あらゆるプラットフォームおよび製品に対し、それらがZigbeeの要求事項を満たしており、問題なく動作するかを確認します。

ULご利用のメリット

Zigbee以外にも、ULは、Bluetooth SIG (Special Interest Group)、OCF(Open Connectivity Forum )、WBA( Wireless Broadband Alliance )、Threadなど、IoTの業界団体に積極的に参加しています。UL開発中の規格や新たに出現した技術について知見を提供することができます。
  
ULは、Zigbee Allianceの認定試験所です。Zigbee認証プログラムに関連した様々な試験を実施し、製品が広告表示通りに相互接続可能であるかを確認します
  
 ULはZigbeeを採用しているIoT、スマートホーム製品(特に、ホームオートメーションや照明製品)のメーカーに向け包括的なソリューションを提供しています。Zigbee認証、EMC、無線、安全に関する規制情報を提供するサービスや、世界150以上の国・地域への参入をお手伝いする 「世界各国無線/安全/EMC認証取得サービス」 などがあります。