Explore all of ul.com

ULのOver-The-Air(OTA)試験サービスは、製品がターゲット市場の要求に準拠していることを、迅速かつ効率的にそして複雑な手続きなしに確認することができます。

ULでは、コストのかかる設計上の問題や不必要な生産遅延を回避するように支援します。そのため企業は予定どおり、予算どおりに製品を市場に出荷することができます。ULはOTA要求を満たすため、製品の変更を担当する設計者と連携して作業します。

グローバルサポート – 様々な国/地域に対応した試験と認証

トータル試験サービス – 規制機関、主要国政府による認可を受けたOTA試験所

お客様の要望に応じた試験ソリューション – 認証プロセスと試験サイクルの効率性向上

優れた技術力 – 実用的な知見と支援により遅延なくテスト結果を提供

ULはコストのかかる設計上の問題や不必要な生産遅延を回避するように支援します。そのため企業は予定どおり、予算どおりに製品を市場に出荷することができます。

OTA試験の重要性

正常に機能する無線デバイスはユーザーに信頼をもたらします。OTA試験は、無線技術を組み込んだデバイスの現実世界における信頼性、効率性および性能を正確に予測します。 Cellular Telecommunications and Internet Association (CTIA)、移動体通信事業者 (MNO)、ベンダー、多数の規格機関がこの試験の実施を求めています。

認定を受けた設備による試験サービス

ULの最新式の設備によって 、総合放射電力 (TRP)、全等方感度(TIS)、実効等方放射電力(EIRP)および実効等方感度(EIS)の測定を行います。ULは、以下の業界、キャリア、CTIAの規格に基づいてOTA試験を実施することができます。

  • CTIA認定試験所(CATL)
  • CWG-RFの評価のためにWi-Fi Alliance®の認可を取得
  • ISO/IEC 17025に基づいた認可
  • PTCRBの認可
  • GCFの認可

UL Fremontは認定試験所として、AT&Tの10776とMobile Broadband Accelerator (MBA)プログラムに準じた以下の試験を実施することができます。

  • Mobile Broadband Accelerator 認定試験所
  • 14680 ウェアラブルプログラムのためのATT OTA(10776の一部)
  • 19091 ATT OTA MIMOプログラム(10776の一部)
  • Vodafoneより認可された、ハンドヘルドおよびM2M内蔵デバイスを含むセルラーデバイスのOTA試験所

完全なオールインワンサポート

経験豊富なULのエンジニアが是正処置につながる不適合点を特定します。ULの技術力・知識をお客様の製品開発に活用することで、追加コストの原因となる設計上のミスを回避し、市場出荷までの時間を短縮することができます。また、ULのカスタマイズされた試験ソリューションによって、認証プロセスの効率化と試験サイクルの短縮が可能となり、時間と予算を最大限に活用できるようになります。

グローバルプレゼンスとローカルサービス

世界に広がるULのネットワークを通じて、ターゲット市場の情報を貴社が使用されている言語でお伝えします。ULであれば、OTA試験と他のULのサービスをシームレスに組み合わせることができます。

さらに表示