Explore all of ul.com

発効日 January 16, 2020

UL JapanはIEC 61000-4-34 Edition 1.1 2009-11、EN 61000-4-34:2007+A1:2009に対応可能な試験機を導入しました。

これにより、工業環境向けイミュニティ共通規格(IEC 61000-6-2:2016、EN IEC 61000-6-2:2019、JIS C 61000-6-2:2019)や可変速度電気式電力駆動システムEMC要件(EN 61800-3)で要求されている、1相当たりの入力電流が16 Aを超える電気機器に対する電圧ディップ、短時間停電及び電圧変動に対するイミュニティ試験が対応可能となりました。

 

インバーター/コンバーター、サーボアンプ、半導体や液晶の製造/検査装置、工作機械、精密装置・設備、産業用などの製造ライン、加工や検査などの装置・設備、その他大型の装置・設備等が対象となります。

 

* IEC 61000-4-34(電磁両立性−第4-34部):試験及び測定技術 − 1相当たりの入力電流が16 Aを超える電気機器の電圧ディップ、短時間停電及び電圧変動に対するイミュニティ試験

Electromagnetic compatibility (EMC) – Part 4-34: Testing and measurement techniques – Voltage dips, short interruptions and voltage variations immunity tests for equipment with mains current more than 16 A per phase

試験機外観

試験機外観

サービス

EMC試験

シェア