Explore all of ul.com

1年以上前から期待されていたように、2018年6月15日に、EN 62368-1:2014に関連する「旧規格の適合性推定の停止日」の延長に関する通知がEU Official Journal(OJ)に掲載されました。

元々の停止日は2019年6月20日でしたが、現在は2020年12月20日まで18ヶ月間延長されています。この日付は、EN規格化の目的で2016年12月にCENELECが発表したEN 62368-1:2014に対する旧規格削除期限(DOW)と整合しています。

この件に関連するEU LVDでは、低電圧指令2014/35 / EUの整合規格の要約リストの注記1で「一般的に、旧規格の適合性推定の停止日は、 欧州規格化団体によって設定されたいわゆる”DOW”になりますが、これに当てはまらない特定の例外的なケースが存在することに注意してください。」と説明されています。

この注記が示唆する「例外的な事例」がこの規格に対して適用されるのかどうか注目されていましたが、EU OJにおける2020年12月20日の停止日の正式公表により EN 62368-1:2014は例外的なケースではなく、DOWと整合して延長されることがはっきりしました。

同要約リストの注記2.1によれば、「新しい(または修正された)規格は旧規格と同じスコープを有します。掲載されている日付で、旧規格による関連の連合法規の本質的要求事項及び、その他の要求事項への適合性推定は停止されます。」とされています。

これが意味することは、2020年12月20日、旧規格(EN 60065 及び EN 60950-1)はEU LVD (2014/35/EU)への適合推定を行うための技術基準として失効し、EN 62368-1:2014に完全に置き換えられます。

 

UL 62368-1:2014の更新情報 - UL発効日延長

上記LVD OJの改訂に対応してULはUL 62368-1第2版に関連する「発効日」を2019年6月20日から2020年12月20日に延長することをお知らせします。その日付の時点からUL/C-UL認証に申請される新規のAV/ICT製品及び部品に、新規格のみを適用します。元々ULの発効日は、国際市場に向けたAV/ICT機器の製造業者が欧州と北米という世界の2大主要マーケットの認証取得・法規遵守を容易に計画できるようULがEUのDOWに合わせて設定したものであるため、今回の変更も同様に支持されるものと考えております。

この発効日情報を含むULのWebsiteも上記を反映して更新されましたのでご参照ください。

IEC 62368-1第3版に関する最新情報は2018年後半にお知らせいたします。

EN 62368-1認証取得のお手伝いをいたします。まずはお問い合わせください。

62368-1 ハザードベースの安全性工学についてはこちらをご覧ください。>>

サービス

安全試験

シェア