Explore all of ul.com

Navigating-IEC-62368-1-Impact_J_1221 1.59 MB

To view this content, please provide your contact information.

ありがとうございます!こちらをご覧ください。

ダウンロード

IEC 62368-1の採用に関して、AV/ICT機器メーカーが直面する心配事の一つは、グローバルサプライチェーンを介した部品調達活動に対して、この規格の要求事項が与える潜在的影響です。特にスイッチング電源(SMPS)のような全体の機器/システムと同じ規格に基づいて評価される部品への影響が懸念されています。

IEC 60065またはIEC 60950-1でカバーされる部品およびサブアセンブリには、長年にわたり成熟した認証システムが存在し、部品供給者は、その認証により、IEC 60065またはIEC 60950-1とそれに対応した国家/地域規格に適合する機器やシステムの設計者のニーズに応えていました。

そして今、AV/ICT機器の安全性に関する新たなハザードベース規格IEC 62368-1の導入により、そしてEUと米国が、2019年6月にこの新規格の要求事項へ正式移行すると発表したことで、長年にわたり運用され、順調に機能してきた確立された部品サプライチェーンシステムが混乱するのではないかとメーカーが心配するのも頷けます。

最新の業界動向をホワイトペーパーで確認できます。

シェア