Explore all of ul.com
フィルター
    ケーススタディー
    信頼性試験サービスの利用事例集

    ULの信頼性試験サービスは設備はもちろん、安全規格の策定や安全試験・認証、EMC試験で培った経験や知見をお客様の製品に合わせ、柔軟にご提供できる点に特徴があります。実際にお客様からいただいた課題と、その課題に対しULはどのように取り組んだか、具体的な試験項目や規格を交えながらご紹介します。 掲載内容(抜粋): 1. 性能アピールのための独自試験が実施可能 新製品の試験項目を用途、構造、仕向け先などを考慮し提案。通常の信頼性試験では実施されない試験項目についても採用。 2. ご要望に沿った試験実施プランをご提案 短納期で複数規格を組み合わせた試験実施やカスタマイズした試験環境についても柔軟に対応。 3. 社内評価部門の1つとしてのUL 自社規格の外注やシリーズ規格の一部外注にも、試験環境を近付けULの他試験所と連携し対応。環境試験とEMC試験をワンストップで実施可能。 対象者: ・信頼性試験を実施したいが、どの試験をすべきか悩んでいる方 ・現在社内で信頼性試験を行っているが、外部に委託したい方 ・環境試験とEMC試験をワンストップで委託したい方 ・前後の性能確認を含めてトータルで依頼出来る試験所を探している方 ・ULが提供している信頼性試験サービスについて詳しく知りたい方

    詳細
    オンラインセミナー
    【オンデマンドセミナー】信頼性試験サービス紹介

    国際規格や国内外自動車メーカー独自規格などで要求される車載部品の信頼性、寿命・耐久性に関する各種試験について解説します。 (無料|再生時間: 約25分) 信頼性評価試験の市場が増加傾向にある背景は、近年、電動化や電子化が進展したことによる部品の増加とそれに伴う試験自体の増加が挙げられています。また、樹脂材料や複合材料といった新たな素材採用の動きが増えていることも、試験増加の要因です。 特にこの中でも需要が伸びているとされているカーエレクトロニクス部品は、温度・湿度変化、振動、熱、水や埃など厳しい環境下に晒されることから、正しく作動するかどうかを様々な環境下で試験する必要があります。新しい部品の採用によって、部品点数が多くなれば、試験項目も増えるという状況です。 また、試験を実施する自動車メーカーや部品メーカー、素材メーカーでは、増加する部品や新たな材料それぞれに対応する最新の試験設備を自社内で、そのつど整備するには投資費用が大きな負担になることから、外部の試験所へ信頼性評価試験を発注するケースが増えております。 こうした状況を踏まえて、弊社では、専門的で先進的な試験設備を整備・増強し、新たな試験需要に対応しております。

    詳細

    No content meets your selected criteria.

    Clear All Filters